石垣島へ行くなら絶対こんなダイビング

ダイビングのライセンスがまだない人、これから取りたい人、少し興味がある人、もう免許を取っている人、誰もがどうせダイビングをするならきれいな海でダイビングをしたいと思います。日本の中で沖縄は最も海が美しいといわれています。そして、沖縄の中でも石垣島はとくに海がきれいです。沖縄旅行といえば本島止まりで終わらせる人も多いですが、せっかくなら石垣島を見た方が絶対いいです。

ダイビングの魅力とは

ダイビングの魅力とは何なのでしょう。ダイビングをする人は何度も何度も足を運びます。遠くから人が来ます。日本だけでなく海外からもきれいな海には人がきます。そうしてまで見たいのは、なぜなのでしょうか。

その理由はいくつかあります。まず、海の中に潜って、普段は見ることのできない、その土地にしかいない魚を見ることができます。魚を見るだけならシュノーケルで十分のようなきがしますが、シュノーケルの浅いところでは見ることができない魚たちをみることができます。ダイビングで潜る深さでしか見ることのできない小さい魚から大きな魚までいて、運が良ければ一緒に横に並んで泳ぐことだってできます。

次に、水中の中で無重力が体感できます。自然の水の中に潜るには数十秒から数分が限界ですが、それでは、深いところまでは潜ることはできません。深い海の中に浮かび無重力を体験すると病みつきになる人も多いようです。

きれいな海での思い出は一生忘れない

ダイビングをしている人はきれいな海で潜ってみた景色は一生忘れないといいます。その感動が忘れられないからこそ潜り続けます。海の中は自然が生み出す景色そのもので、なんの穢れもありません。人工的に作られたものもありません。

魚たちは泳いでいるので、その場にとどまることはなく、例え同じ場所に潜ったとしても前回と全く同じ景色ということはないのです。自然が作り出した地球のすばらしさを感じることができ、喧騒を忘れ、ストレスからも解解放してくれます。

石垣島の魅力はここにあり!

沖縄から約400キロはなれた場所に行くと、石垣島があります。とても綺麗で自然がある島のひとつです。きれいというより美しい珊瑚とブルーの海は多くの方を魅了しています。そんな石垣島の魅力をお伝いえいたします。

すぐに大自然を感じることができる島

やっぱりこの島の最大の魅力は、大自然です。キレイな海と青く透明なサンゴ礁はこの島にしかない魅力のひとつです。その他、沖縄の中で一番高い山があり、カヌー・カヤックを楽しめます。水の上を自由に動き回ることができ、自然の風を楽しむことができます。海の上から夕日を眺めることもできます。
島のあちこちで自然を感じることができるので、珍しい動物達と遭遇することも珍しくないことのひとつです。
自然を感じる定番の遊びがあります。ダイビングです。多くのダイバーを魅了している石垣島の海は、格別なのです。カラフルな熱帯魚とキレイすぎる珊瑚はビックリするほどのキレイさなのです。

そして、海、山、これだけではない島

大自然に囲まれてキレイすぎる海と楽しすぎる山、それで終わりではないのがこの島の魅力です。ここの夜空はもの凄く美しく表情豊かと言われています。「南の島の星まつり」といって専門のスタッフの解説で星を眺めることができたりするイベントが行われています。日本国内をまわってもこれだけキレイな星空をいつでもみれる場所は多くはありません。また、石垣島以上の星のキレイさはほかにはないものです。

そして、なんといっても、この島の歴史や文化はこころ暖まるものがあります。自然のやさしさに触れ、人のやさしさに触れることができます。独特の方言や琉球衣装や古民家などで歴史や文化を感じることができます。この島の魅力は島全体にあります。人も観光名所も、空気も最高にいい場所なのです。一度行ってみるとよくわかります。

石垣島の伝統工芸「ミンサー」の魅力

v石垣島と言えば、きれいな海でのダイビングなど、大自然でおもいっきり遊ぶことを思いつきます。それいがいにも石垣島にはステキな魅力があるのです。ここでは、ミンサーというロマンチックな伝統工芸についてご紹介いたします。

伝統工芸にひめられた思い

木綿糸を平織りで仕上げていき、「五つのます目と四つのます目」を織り込んで作ります。この
特徴的な模様は、「いつの世までも末永く」という想いがこめられた、琉球王朝時代から伝わるものなのです。女性から愛する男性に贈られたもので、ロマンチックな伝統工芸なのです。
今では、カラフルな色彩で織られていて、コースターやキーホルダーなどの沖縄土産として人気です。
この伝統工芸であるミンサーを多くの方々に親しんでもらうために工夫を重ね、多種多様な商品とデザインで伝統工芸を残していこうとする活動をおこなっています。伝統工芸は、そこに行かないと手に入れることができません。

想いがこめられた織物

どんな伝統工芸にも、想いがこめられています。石垣島のミンサーも同じで作り手の想いが受け継がれ、それが形にとなって、今のスタイルのミンサーがあります。ミンサーはシンプルな模様が特徴的で、この模様は島の人の人柄を表現するかのようなデザインです。ワンポイントで存在感と安心感のある島の人々を描いたようなミンサーは今でも人気なのは、想いが詰っているからなのです。今も昔と変わらず手織りでひとつひとつ丁寧につくりあげています。バックなどにも使われるようになってきていて、存在感をだしています。しっかりミンサーの良さと魅力が表現されているものになっています。自分へのお土産としてもでいいし、大切な方へのプレゼントにもできます。思いを伝えてたい人にプレゼントすると、いい結果が期待できます。

石垣島に行ったら絶対外せないおいしいもの

石垣島は人気になってきていることもあって、行きやすくなりました。結構きがるに行けるようになって短い時間でも十分に楽しめます。そんな石垣島ですが、もちろんおいしい料理があります。ダイビングもいいけど、料理も最高です。

グルメツアーでも十分いける、美味しいモノぞろい!

石垣島といえば、海、ダイビング、キレイな星、イルカなどと、楽しくておもしろいことが盛りだくさんです。そんな楽しみ方もアリですが、石垣島の美味しい料理はさらにこの島を知ることができるポイントです。また、こんな島で食べる料理はいつもとは別格のものです。ここでは、必ずいっておかないと後悔するグルメについて紹介致します。

・八重山そば

石垣島にきたことを実感できる料理です。ここにきたら必ず食べて帰らないと間違いなく損しています。あっさりとしたスープが食べているうちに深い味わいで、一度食べると忘れられない味になります。

・新鮮な魚介類を料理するお店

石垣島ならではの、鮮度抜群な魚介類をいろんな調理法でたべさせてくれます。素材の味を活かした料理から現地の食べ方など、美味しくて楽しいお店があります。中でも最近人気がでてきている、新鮮な食材を使った、スペインバルが話題です。

そのほか、ファーストフード的なお店も増えていて期待ができます。

石垣島のカフェもいい

ここのカフェは最高の空間です。都会では感じることのできない雰囲気を味わうことができます。サンセットがみれたり、自然の景色や海が広がる目の前で、美味しいコーヒーや紅茶が楽しめます。そんなカフェでその後の計画をたてることも、楽しい限りです。

・ミルミル本舗

やっぱりここは外せません。濃厚な甘さのジェラートが人気のお店です。牛乳を贅沢につかった濃厚なミルクジェラートは超人気です。ここは絶対に外せないポイントです。

沖縄屈指の人気のスポット

リゾート気分を味わえるとして沖縄屈指の人気の土地、石垣島。石垣島へは観光やダイビングをする人で一年中多くの人が訪れます。その魅力は、芸能人にもファンがいるほどです。今回は石垣島の魅力についてご紹介します。

石垣島についたらどうする?

石垣島へのアクセスは、飛行機で直行便を使っていく方法がありますが、全国すべての空港から直通ビンが出ているわけではありませんので、その場合は、乗り継いでいくことになります。ついたら、バスもありますが、本数が限られています。

ですので、レンタカーが充実しているのでレンタカーを借りる人が多いです。島自体がそう大きくはないため、ドライブだけなら半日あれば一周回ることができます。自然を満喫しながらドライブをすれば、日頃のストレスを発散でき、海や山の自然と、太陽、空と広大な自然からのエネルギーを受けてパワーチャージすることができます。

どんな旅ができる?

石垣島は人気があるので有名で、よく知らなくても、「石垣島」というコトバは聞いたことある人が多いです。しかし、実際はどんな観光地が合ってどんな旅ができるのかを知らない人が少なくありません。

石垣島といえば、やはりきれいな海でのアクティビティが挙げられます。ダイビングやシュノーケリングなど、初めての人でも思いっきり楽しむことができる楽しい遊びがたくさんあります。

空気もきれいで、景色もきれいな自然がたくさんありますので、思いっきり自然を楽しむこともできます。海外のリゾート地に行くと、サンセットやサンライズをみるひとがおおいですが、何も、海外に行かなくともここで素晴らしい太陽を拝むことができます。

海に沈むサンセットを眺めれば、生きている実感を感じることができ、明日への活力となります。日が沈んでいき、夜になりかけの紺色の空とオレンジ色の太陽とのコラボレージョンはとても美しくなんともいえません。素人でもとてもきれいな写真を残すことができます。写真を残す旅という方法もひとつです。

沖縄に旅行に行くなら石垣島でアクティビティ

日本の中でも、とても人気のある沖縄。沖縄にはいくつか島があり、どこも景色がきれいで人気のある土地ですが、最近特に人気のあるのが石垣島です。沖縄本島やら石垣島やらを回った人の中にも石垣島のすばらしさに魅了されて、移住する人もいます。そんな石垣島で思い出を残すのにおすすめなのがダイビングです。今回はダイビングにおすすめの石垣島についてご紹介します。

石垣島ってどんなところ?

石垣島は沖縄本島、西表島に次いで3番目に広い島で、島の人口は約4万7千人です。島なので人口は少ないですが、日本屈指のダイビングスポットとして人気があり、年間を通して北は北海道から海外の人まで訪れます。

ダイビング以外にもシュノーケリングなどのアクティビティが充実しているため、訪れた時には、飽きることなく満喫できます。ダイビングショップも100店舗以上あり、丁寧に教えてくれるため、初心者でも安心してダイビングをすることができます。

ダイビングをするときにはきれいな魚や珍しい魚を求めたりする人が多いので、人が集まるにはそれなりの理由があります。石垣島の海では、マンタの種類のオニイトマキエイを見ることができるため、これが人気のひとつにもなっています。

石垣島はどうやっていく?

島というと飛行機の直行便がないような気がしますが、石垣島へは乗り継ぎなしで行くことができる飛行機があります。福岡空港、関西空港、名古屋空港、羽田空港からは直接石垣島へ行けます。その他の地域からは直接行くことができませんので、いったん、沖縄本島の那覇空港で飛行機を乗り換えて再度飛行機に乗って石垣島へ行くことになります。

石垣島内にはバスが運行していますので、島を一周することができます。島を一周するには約2時間30分程度で回ることができますので、途中で観光を挟んでも、1日で島を回ることも可能です。

初めてダイビングをするなら石垣島

ダイビングに興味はあるけれど、どこで習えばいいかわからない、ライセンスまでは取らなくてもいいから、ちょっとだけきれいな海に潜ってみたいというアクティブ女子や親子づれも多いです。でも、なかなか初心者の希望に沿う内容が近い範囲にないことも少なくありません。こんな人におすすめなのが石垣島でのダイビングです。何かと初めての人にもおすすめです。なぜおすすめするのかはこれからご紹介していきます。

初めての人に一押しの体験型

初めてダイビングをする人におすすめなのが体験ダイビングです。ダイビングというとライセンスを取ってからでないと潜ることができないような気がします。しかし、ライセンスを持っていなくてももぐることはできるのです。

石垣島へ旅行に行って、別にダイビングするつもりがなかった人も旅行の思い出のひとつとしてダイビングを入れ込めばいいのです。小学生の高学年から参加できるものもあるため、親子で楽しむこともできます。

経験を持ったインストラクターが同行して、未経験でも楽しめるプランにしてあります。ダイビングに興味がなかった人が体験ダイビングをしたことでハマってしまい、ライセンスを取得したというケースも少なくありません。それくらい楽しめる物になっています。

ダイビングに泳げるも泳げないも関係ないから大丈夫

ダイビングと聞くと海、海と聞くと水。水は嫌いだし、泳ぐのも苦手で怖いだから海や水関係のアクティビティは絶対にしたくないし、最初から選ばないようにしている人は結構います。泳ぐのが苦手な人や水に顔をつけることすら嫌いない人にとっては、水のアクティビティは嫌で嫌で仕方がないことでしょう。

しかし、人生もったいないことをしています。少し勇気をもって飛び込めば素晴らしい世界を見ることができるのです。はじめから拒否せずにせめて、条件を見てから決めてはどうでしょうか。そうすれば、見たことのない世界が待っています。

ダイビングは、水に顔をつけることも、息を止めることも、泳いで自分の力で前へ前へ何メートルも進むことも必要ありません。泳げないなんて一切関係根いのです。スーツをつけて、酸素ボンベをつけるので、自分のペースで呼吸をすればいいだけなので、安心してください。